地域がささえる食と農 神戸大会」の公式サイトこちらをクリック!

[地域がささえる食と農 神戸大会]とは

 

 

開催の背景と目的

 

1970年代、消費者と生産者の「顔の見える関係」を基軸とする「提携運動」が日本で生まれました。今、 その提携の理念は世界でも広がりを見せています。

 

私たちは「つくり手と消費者が互いにその役 割を理解しあい、リスクを共有し、相互の連携を図ろう」という提携の理念に基づき、多様性に 富み持続可能で健康な社会をめざして、有機農業・提携運動を進めてきました。 

 

コスト削減のために、化学肥料・農薬・食品添加物がたくさん使われそれが当たり前になってしまいました。

つくり手である農産地と消費地の距離が広がり、消費者の、食べものとその背後に存在する自然環境や生物多様性に対する興味や理解・参加意識が急速に失われつつあります。

残念ながらその「無関心」が、中小規模の家族経営農家の衰退につながっていくのです。  

 

 

 すべての人にとって食べものはいのちの源です。

 

安心・安全でかつ持続可能な農業には、消費者の理解と支援が必要です。

本イベントが、自分達の口に入る食べものをもう一度見直し、

「なぜ地域(=自分自身)が食と農とをささえなければならないのか」

「自分は、どのよう に食と農をささえていくことができるのか」

を考え直すきっかけになれば、と願います。

 

後援

 

兵庫県、滋賀県、京都府、豊岡市、丹波市、神戸市、宝塚市、朝日新聞社、毎日新聞社、毎日新聞神戸支局、産経新聞神戸総局、NHK神戸放送局、全国農業協同組合中央会、神戸学院大学ポートアイランドキャンパス (順不同)